個人再生
自己破産解決ナビ

個人再生(個人民事再生)とは?

個人再生は2001年に創設された新しい制度です。
そこで、まだみなさんにその名前が定着していないのはもちろんですが、弁護士の中でも、まだ申し立てたことがない、という人もたくさんいます。
個人再生の申立ては、そもそも借金額の計算を利息制限法所定の利率で行わなければならず、その計算もやっかいです。
そして、再生計画案を提出する際も、一定の法律の知識が求められます。
したがって、個人再生を申したる場合には、弁護士か、あるいは司法書士に依頼するのが良いでしょう。

個人民事再生手続きを利用できる人

安定的な収入があって、かつ借金総額が5,000万円以下の人

以上に問題がなければ、個人再生・民事再生制度は借金整理に絶大な効果があります。
一言で言えば、借金が最高5分の1になる手続き、ということになります。

たとえば500万円の借金があったとしましょう。この借金は、個人再生・民事再生手続きを経て、最高で100万円の借金となります。そして、これを原則36回(3年ですね)で払っていくのです。すると、月々2万8千円程度頑張って3年払っていけば、400万円の借金を返さなくて良くなるわけです。

自己破産解決ナビ

※ ただ、最低100万円は返さなければなりませんから、300万円の借金がある人も60万円ではなく、100万円を返していかなければなりません。

小規模個人再生と給与所得者等再生

個人再生には小規模個人再生と給与所得者等再生との2種類があり、これらの違いは、利用者を基準とするもの、返済額を基準とするもの、債権者の異議を基準とするものによって異なります。
下の図を参考になさってください。

小規模個人再生 給与所得等再生
利用者 定期的な収入 定期的・安定的な収入
返済額 低い 高くなる可能性あり
債権者の異議 あり なし(但し、意見聴取はある)

Copyright© 2010 松原・山田法律事務所 All Rights Reserved.