任意整理を利用する条件は何ですか?

2011-12-21

貸主の同意が必要です。

弁護士もしくは認定された司法書士が和解案を作成します。その減額の和解案で納得してもらえるよう交渉して示談に至れば、合意した方法での返済が始まります。

すべての貸主が合意してくれない場合はほかの借金整理方法を探さなければなりません。

Copyright© 2010 松原・山田法律事務所 All Rights Reserved.