無理のない返済計画とは、どのような計画ですか?

2011-10-31

まず、毎月の家計の状況で、5万円程度余裕がある方が、この制度を利用して良いと思います。

つまり、ぎりぎり3万円しか余裕のない方が、突然の出費で1万円しか手元に残らなかったと言っても、債権者(お金を貸した人)は許してくれません。
36回は、頑張って毎月3万円の返済を行える方でなければ、この制度を利用するのは危険なのです。

Copyright© 2010 松原・山田法律事務所 All Rights Reserved.