暴力的な借金の取り立てへの対処法はありますか?

2012-01-16

悪質な借金の取り立てに苦しみ、暴力の被害を受けている場合の対処法です。借金が返せないので耐えるか逃げるしかないと思う必要はありません。暴力行為があった場合に該当する法律は以下の通りです。行政上、民事上のどちらの対処法もあります。警察や検察に刑事告訴、また損害賠償請求も可能です。監督行政庁や大蔵省財務局、また各都道府県にある貸金業指導係へ対処を求める申立てもできます。




暴力的な借金の取立屋と取立屋を雇った貸金業者は業務停止や登録取り消しにもなり得る法律違反です。泣き寝入りするのではなく、法律によって暴力的な取り立てから守ってもらいながら、自己破産や他の借金整理法を探すことができます。

Copyright© 2010 松原・山田法律事務所 All Rights Reserved.