貸主にもとるべき手続きがありますか?

2012-01-23

自己破産の手続きにおいて、破産者が誰に対してどれだけの金額の借金をしていたかを明確にします。貸主も債権の届け出をする必要があります。

公告された債権者届出期間内に、裁判所へ届け出ます。破産者の申立て書類に記入されていた貸主には、(申立て書類に記入する内容③参照)裁判所から届け出をする旨の通知がなされます。

申立て後、貸主は裁判所書記官によって破産債権者表に記載され、調査を受けることになります。破産決定後、管財人による破産財団の公平で、妥当な配当を得るために、届け出をすることは必要です。

Copyright© 2010 松原・山田法律事務所 All Rights Reserved.